気候変動覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 葉っぱレベルの温暖化

<<   作成日時 : 2009/02/10 06:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


CO2が増加すると、葉は気孔を閉じて蒸散作用を抑制する。これが温暖化を悪化させる可能性があることが示された。
この効果の影響を見るため、本効果を考慮した場合、考慮しない場合でCO2濃度を2倍、および4倍として炭素-気候循環結合モデルを5年間走らせてみた。考慮した場合、全球の地表の気温の上昇幅は各々13%、16%増加した。
中緯度、高緯度およびアマゾンを覆う低層の雲が減少したことが気温上昇の原因。雲の減少は、湿度の低下によるものでは、と著者ら。
蒸散作用が低下し大気中の湿度が減って雲が出来なくなり、温暖化が進む?それも10%超も?そんなことってあるんでしょうか。いえ、単に何が起きたのか分かっていないだけ、鳩が豆鉄砲食らってきょとんとしてるだけです。

Journal reference: Geophys. Res. Lett. 36, L02703 (2009)

Anna Armstrong, 'Leaf-level warming,' Nature Reports Climate Change, Published online: 5 February 2009 | doi:10.1038/climate.2009.12

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
葉っぱレベルの温暖化 気候変動覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる