気候変動覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS グレートバリアリーフの珊瑚の成長速度、急低下

<<   作成日時 : 2009/01/10 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

グレートバリアリーフを形成する69の珊瑚礁にある328のコロニーの成長速度を分析した。Portis珊瑚の成長線を分析したところ、カルシウムを石化する速度は1900年から1970年で5.4%上昇したが、1990〜2005年は14.2%低下していた。これは成長速度が年1.43cmから1.24cm (13.3%) に低下したことが主たる原因。データからは、カルシウムの石化速度がこのように急速かつ突然低下するのは過去400年間で初めてと考えられる。原因は不明だが、沿岸でも沖合でも同様であるため、沿岸の汚染は原因ではないと考えられる。
Guardianの記事には「extremely worring(極めて憂慮すべき)」との著者のコメント。生物学は全く知識がないのですが、そうした話なんだろうか。ここで止まるならば大丈夫だが将来もっと進むのは明白なので憂慮している?このレベルのダメージでも大変?

Journal reference:
Glenn De'ath, Janice M. Lough, Katharina E. Fabricius, 'Declining Coral Calcification on the Great Barrier Reef,' Science, Vol. 323. no. 5910, pp. 116 - 119, 2 January 2009, DOI: 10.1126/science.1165283

James Randerson, 'Slowdown of coral growth extremely worrying, say scientists,' guardian.co.uk, 1 January 2009, retrieved from http://www.guardian.co.uk/environment/2009/jan/01/1

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
グレートバリアリーフの珊瑚の成長速度、急低下 気候変動覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる