気候変動覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS この冬は7年ぶりの寒冬だったことが判明

<<   作成日時 : 2008/03/25 01:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2007年12月-2008年2月の平均気温は世界平均、米国本土とも2000-01年の冬以来の寒さだったとNOAAのNational Climatic Data Centerが発表(米国本土:contiguous USの仮訳。米国のうちハワイとアラスカを除いた部分のこと)。それでも20世紀の平均より0.1℃高い。米国では降水量が平年よりずっと多かった地域多数。中西部から西部にかけては平年の1.5倍以上の降水量を記録した地域も多い。ラニーニャが発生中であったことを考えると珍しい現象(ラニーニャの時は通常は減少する)。ニューイングランドでは史上最高を記録した地点も。世界全体では、平均気温は20世紀全体の平均と比べ0.32℃高く、史上16番目の高さ。それでも近年では2000-01年に次ぐ寒さ。1月の北半球の積雪は記録的、だが2月には気温が高かったため2月末には積雪は平均を下回る。

個人的には、この冬は久々に寒い冬だったとの印象があります。昨年中はそれほどでもなかったけれど、年を越してから冷え込んだと感じています。世界的にも寒い冬だったんですね。まあ「それでも北極の氷は十分には厚くなっていない、この夏はまた盛大に溶けるぞ」なんて別記事も出てますが。

National Oceanic And Atmospheric Administration (2008, March 15). Coolest Winter Since 2001 For U.S., Globe, According To NOAA Data. ScienceDaily. Retrieved March 17, 2008, from http://www.sciencedaily.com/releases/2008/03/080314175834.htm

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
この冬は7年ぶりの寒冬だったことが判明 気候変動覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる