気候変動覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 気候感度は3℃以上?

<<   作成日時 : 2014/01/01 15:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

気候感度の推定値には、長年の研究にも関わらず1.5〜5℃と広い幅がある。この幅の大半は低層の雲のフィードバックの違いに由来することが知られているが、その根本原因は不明であった。そこで43個のモデルを調査したところ、この違いの半分は、熱帯の対流圏低層と中層との対流混合の強さの違いとして説明できることが分かった。
こうした対流混合は低層から水蒸気を奪うが、奪う率は温暖化と共に増加する。観測から得られている現在の値を考えると、気候感度は3℃以上と結論付けることができる。Nature掲載論文。

気候感度は1896年、アウレニウスが5〜6℃と推定して以来、計算される度に違う値が出て、一向に推定値が収束しない難物です。IPCCは第一次〜第3次報告書で1.5〜4.5℃と推定していましたが、AR4で2〜4.5℃に狭めました。しかしAR5で再び1.5〜4.5℃に戻しました。偶然に私の狭い観測網に引っかかったこの論文1本で値が3〜4.5℃になるものなんだろうか。多分まだまだ先があるよなあ、などと考えてしまいます。

S. Sherwood, et al., Spread in model climate sensitivity traced to atmospheric convective mixing, Nature 505, 37-42 (02 January 2014) doi:10.1038/nature12829

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
気候感度は3℃以上? 気候変動覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる