気候変動覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年夏の欧州・ロシアの酷暑はやはり記録的

<<   作成日時 : 2011/03/28 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2003年と2010年の欧州の夏の熱波を詳細に比較し、それを過去500年間の欧州の気温の復元結果と比較した。気温の復元は1871年からの計器による観測、木の年輪、氷コア、古文書を用いて行った。その結果、この2つの熱波により欧州のほぼ50%において過去500年間のこの季節の気温の記録が塗り替えられていたことが判明した。そして2010年の東欧およびロシアの多くを襲った熱波はあらゆる面で空前のものであった。ロシアは特に酷く、モスクワは38.2℃を記録し夜になっても気温がさほど下がらず、乾燥による火災で100万ヘクタールが焼失し、穀物は25%減収となった。熱波が覆った地域は200万平方キロに達し、気温は平均を場合によっては6.3〜13.3℃上回り、ヨーロッパ全体かつ夏すべてを平均して2003年を0.2℃上回っていた。西欧では2003年の熱波の方が大きかったとの認識があるが、これは誤りである。2010年夏の熱波は2003年夏のものを広さ、強さともに上回っていた。
こうした熱波が今後増加するかを11個の高解像度の地域モデルを作って検証した。こうした巨大な熱波(mega-heatwave)が起きる確率は今後40年間で5〜10倍になる事が分かった。とはいえ2010年の熱波はあまりに桁外れであるため、21世紀の前半には滅多に発生しない事が分かった。だが後半には8年に1回発生する。2003年級の熱波は2年に1度となる。こうした頻度の予測結果はモデルによりばらついたが、傾向はモデルに依らなかった。Science掲載論文。
ScienceDailyの元記事には、正規分布から見て2003年が、そして2010年がいかに異常な年だったかを示す、正規分布のなんたるかを知っている人間には印象深いグラフが載っています。これが金融工学なら「君ぃ、そもそもブラックスワンが正規分布に従うとでも思っていたのかね?人間はパニックすると非合理的な行動を取るものなのだよ」の一言で終わりますが、気象学ではこうした分布は正規分布する、、、のかな?学生時代不勉強だったのでよく分かりません。
仮に正規分布に近いのだとすると、やはり、これは地球温暖化の影響なんでしょうね。元記事によれば原論文の著者はもう少し慎重な言い回しをしています。「個々のイベントが気候変動に依るものかを見極めることはできない。だが2003年と2010年という2回の際だった夏、そこまでは行かないが非常に暑かった3回(2007、2006, 2002年)の夏が全てこの10年間に起きていることを見れば、沈思黙考せざるを得ない」2010年9月のモスクワの気温は(元記事が出てこないのですが)4σと聞きます。2010年は自然変動だという意見もあるようですが、その程度で4σがでる訳ないでしょ、数十年に1度のイベントと温暖化が重なった結果と見るのが自然でしょう。

でも、これほどの規格外の熱波で穀物25%減で済んだのか。気候変動が恐ろしいのは食糧危機を引き起こすからだと私は理解していますが、単に熱だけなら意外と大丈夫なのでしょうか?

Journal Reference: D. Barriopedro, E. M. Fischer, J. Luterbacher, R. M. Trigo, R. Garcia-Herrera. The Hot Summer of 2010: Redrawing the Temperature Record Map of Europe. Science, 2011; DOI: 10.1126/science.1201224

ETH Zurich (2011, March 18). Record-breaking 2010 Eastern European/Russian heatwave. ScienceDaily. Retrieved March 27, 2011, from http://www.sciencedaily.com/releases/2011/03/110318091141.htm

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
これは、私も記事にしようかなあと考えて、印刷とかしてました。先を越されました(笑)
単に温度だけなら日本の2007年とか2010年とかも、稲の生育に影響が出かねないほどの猛暑でしたが、まあそこまで不作にもならなかったですし。
単年、しかも世界の特定の地点であれば、これほどにグローバル化した世界では目に見えた影響は出ないのかもしれないでしょうか。
これが頻発するとか世界的に見られるとかになれば、また話は変わってくるのかなあ、とか思ってます。
というか25%減ってたいがいすごいんじゃないかという気もしますが・・・。
mushi
2011/03/30 00:20
私もmushi様に先を越された事はありますので、まあ狭い世界だなと。よろしければお気になさらず記事を書いて頂ければ。私は遙か昔に学生時代にちょっと勉強しただけの素人ですし。
世界中に強力な物流網が張り巡らされた今、そう簡単には食料は不足しませんが、システムが巨大であるほど、崩壊したときの影響は大きく深い事を今われわれは電力で痛感しているわけでして。
Polly
2011/04/02 17:50
私もプロフィールにこっそり書いていたりしますが、全然専門じゃないです。学生のころは勉強してましたが、能力不足で現在はドロップアウトしてます。もっと勉強しておけばよかったなあ・・・。
効率よく精緻に構成された社会は、ちょっとした変化には強くても、許容される幅を超える変化を受けると逆に極めて脆いということを、今回の地震は改めて痛感させられます。
システムが巨大であるほど、崩壊したときの影響は大きく深い。全く同感です。
mushi
2011/04/03 00:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010年夏の欧州・ロシアの酷暑はやはり記録的 気候変動覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる