気候変動覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 深海の海水温は温暖化に敏感に反応

<<   作成日時 : 2010/07/10 15:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

観測によればこの数十年間、世界各地で深海の海水温が上昇している。World Ocean Circulation Experiment (WOCE) 他での観測によれば1985〜99年に太平洋の底層水は0.003〜0.01℃上昇した。だが従来の想定では熱が伝わるには数百年かかるはずであり、温度上昇のメカニズムは不明であった。
このメカニズムがシミュレーションにより示された。南極沖からの内部波により、気温上昇の影響は40年以内に北太平洋の深海に到達する。気温が上昇すると(表層水が十分に冷却されないため)南極底層水の生成量が減少し、深海の等密度線が変形し、内部波となって北太平洋すべてに伝わる。この結果深海流が弱まり、深海流による冷却効果も弱まり、(地球内部での放射性物質崩壊に起因する)海底地殻からの熱が底層水を暖める。
この現象が温暖化に与える影響は現時点では不明。だが深海に蓄積される熱量は従来想定されていたよりも気温上昇に対して遙かに敏感である以上、南洋の役割を含め今後評価しなおすべき。Science Express掲載論文。
本研究を行ったのは海洋研究開発機構(JAMSTEC)の方々だそうです。GJ。面白い。
でも、JAMSTECのページを見てもプレスリリース打ってないのが情けない。Scienceに論文掲載したら、それも「あれって不思議だよねぇ?」と皆が思っていた謎の手がかりを与える論文書いたなら、英文プレスリリース打たなきゃ。今回は幸い、environmental research webが論文を見て取材に来た結果、私のような素人まで「お、JAMSTEC頑張ってるじゃん」ということが伝わりましたが、駄目だよ、ちゃんと打たなきゃ。
こんなこと言うと現場の研究者に更に負担がかかるのかもしれないけど。JAMSTECについては何も知らないけど、私の周囲の日本の研究機関は一般にスタッフ部門・後方支援が貧弱であり「英文プレスリリースお願い」とラインが一言言えば後はお任せ、なんて状態にはない。また、下手にスタッフ部門を強化するとそこが無意味な仕事を作りがちで、プレスリリースねたを無理に作らされたりすることになりかねない。スタッフ部門の方々も日本人でマジメだから、仕事がないのは俺の責任じゃない、仕事が来るまでは堂々と給料泥棒してればよい、というふてぶてしさ?がないんでしょう、、、こんな、ほとんど自分自身に対する愚痴はともかく。

内部波が主因、か。等密度線が変形すれば、内部波は起きるんだろう。でも最後は海底が暖める、と聞くと「冷たい底層水が十分に供給されなくなるので、海底からの熱が底層水を暖める効果が勝つようになる」「その時、過渡現象の中核を担うのは内部波である」に聞こえるですが、どうなんでしょう。論文も読んでないし、内部波の方程式は完璧に忘れちゃったし、うーん。

Journal reference: Shuhei Masuda, et.al., Simulated Rapid Warming of Abyssal North Pacific Waters, Science, June 24, 2010, doi: 10.1126/science.1188703

Internal waves transport oceanic heat within 40 years, environmentalresearchweb, Jun 29, 2010, from http://environmentalresearchweb.org/cws/article/news/43057
Also available from http://climatechangepsychology.blogspot.com/2010/07/shuhei-masuda-increases-in-heat.html

2010/07/10: エディトリアル修正

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
深海の海水温は温暖化に敏感に反応 気候変動覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる