気候変動覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年5月現在の気温の現状

<<   作成日時 : 2010/06/20 12:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Hansen氏が筆頭となって全球平均気温の現状をまとめた論文のドラフトが出回っています。
Goddard Institute for Space Studies (GISS) の地表平均気温の解析をアップデートし、英国気象庁Hadley Centre and the University of East Anglia Climatic Research Unit (HadCRUT) やNOAA National Climatic Data Center (NCDC)の結果と比較し、一般の人々の疑問に答えることを試みる。
  1. 年平均気温が最高となった年、1998年 vs 2005年
     Goddard Institute for Space Studies (GISS)は2005年、英国気象庁Hadley Centre and the University of East Anglia Climatic Research Unit (HadCRUT) は1998年としている。全球平均気温は極域の、観測が限られている場所の推定気温に左右されやすい。そしてGISSは北極圏の気温を推測して入れており、HadCRUTは入れていないため、こうした違いが起きる。北極のように海氷に覆われた地域ではSea Surface Temperature (SST) は気温推定に使えないことに注意されたい。また地表気温の変化は実社会にとっても、気候モデルとの比較の上でも重要であることにおなじく注意されたい(要するに、SSTを使った気温推定方法が極域では使えないのでHadCRUTは極域を入れてないんだけど、そこが全球平均推定に結構効く、だから予算もっとよこせ、研究者は頑張れという話ですね)
  2. 全球平均気温の12ヶ月(とn*12ヶ月)移動平均
     12ヶ月移動平均を取ると季節変動を完全に消去することができ、暦に従う年平均よりも多くの情報が得られる。火山やENSOの影響も、より明瞭に読み取ることができる。
  3. 気温のトレンド
     10年単位で見たとき温暖化は休むことなく続いている。1970年以降の上昇率は0.15〜0.20℃/10yearである。これは70, 80, 90, 2000年代の平均気温の1951-80年平均に対するアノマリを空間的に示した図8, 5年移動平均 (ENSOの影響を消すため) と11年移動平均 (太陽周期を消すため) を示した図21に明瞭に現れている。
     そして2010年、12ヶ月移動平均で見た全球平均気温は新記録を達成した。2010年という太陽活動が極小となっている時に達成されたことは意義深い。なお、本稿作成時(2010年5月)には太平洋のエルニーニョは終息して中立となっており、ラニーニャとなる可能性が高い。今後数ヶ月、ラニーニャが始まるまで12ヶ月移動平均は上昇し続けるであろう。暦で見た2010年は2005年の記録を更新する可能性が高いが、深いラニーニャが急速に発達する可能性が残っており、まだ分からない。
  4. 2009年米国の冷夏、寒冬
     2009年6〜8月の米国の冷夏、それに引き続いた2009年12月〜2010年2月の米国および北ユーラシアの寒冬は、温暖化傾向と季節変動の中での寒さの極大に近いものであった。数年以内に再来することはあり得るが、可能性は低い。
  5. 人工衛星による都市化に対する補正方法
     地上の観測点は都市化によって影響を受ける。これを従来のGISS解析では人口密度を使って補正していた。今回、人工衛星から見て地上から漏れる光がごく僅かである場所のデータと都市化が進む場所を比較することで、都市化が全球平均に及ぼす影響は僅かであることを確認した。またGISSは今後、地上から漏れる光の強さを使って都市化の影響は補正することとした。
研究という意味でもっとも興味深いのは都市化の影響の補正方法であり、abstractではそれがトップに来ています。本文もすこし読んでみましたが、より良いデータを求める観測屋さんとデータ解析屋さんの苦労がしのばれます。ただ、補正しない場合の値、様々な補正方法による値、の違いは僅かというのが結論のようですね。皆様、ご苦労様です。

J. Hansen, R. Ruedy, M. Sato, and K. Lo, "(draft) Global Surface Temperature Change," June 2010, from http://data.giss.nasa.gov/gistemp/paper/gistemp2010_draft0601.pdf

NASA: The 12-month running mean global temperature has reached a new record in 2010 - despite recent minimum of solar irradiance, Posted by Joe, Climate Progress, June 3, 2010, from http://climateprogress.org/2010/06/03/nasa-giss-james-hansen-study-global-warming-record-hottest-year/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010年5月現在の気温の現状 気候変動覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる