気候変動覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 牛に魚油を与えてメタンなゲップを止めさせよう!

<<   作成日時 : 2009/04/03 08:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

魚油に含まれるω-3脂肪酸を動物に与える利益は十分に研究されている。心臓や循環器系を補助し、肉質を良くし、メタン発生を抑制する。
University College DublinのLorraine Lillisらは、牛の飼料に2%の魚油を混ぜることでメタン発生を抑制することに成功したと発表。魚油は牛の第一胃(rumen)のメタン生成細菌に作用してメタン発生を抑制するという。飼料の変化がどの細菌に特に作用するのか理解出来れば、よりターゲットを絞った対策が可能になる。
アイルランドの農業から発生するメタンの50%は動物由来だそうで、メタン抑制のため動物の数を制限するという案も出ているとのこと。この方法が成功すれば、制限は不要になるかも、だそうです。これ結構切実な話なのね。

メタンがどの程度抑制されたのか書いてないとか、十分に研究されている(原文はwell documented) という割には単なる「与えたら減りました」を研究成果としているとか、色々気になりますが、それはともかく。

牛さんも大変だ。牛の飼料2%に相当する魚油を確保しようと思ったら莫大な魚が必要なはず。魚がもったいないと思う私。この研究者も、これを手がかりに研究を進めようとしているだけだと思いたいですが。

Society for General Microbiology (2009, March 30). Fish Oils Reduce Greenhouse Gas Emissions From Flatulent Cows. ScienceDaily. Retrieved March 30, 2009, from http://www.sciencedaily.com/releases/2009/03/090329205457.htm

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
牛に魚油を与えてメタンなゲップを止めさせよう! 気候変動覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる