気候変動覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 水田からのメタン発生は過大評価だったかも

<<   作成日時 : 2009/03/20 16:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大気中のメタン濃度は産業革命以降3倍になっているが、個々の発生源はよく分かっていない。中国科学院のXiaoyuan Yanと同僚たちは2000年時点での全世界の水田からのメタン発生マップを作成した。各国別の水田の分布と、使われている耕作方法に基づいたもの。耕作方法を考慮に入れたのが今回の研究の新規性。それによれば、1年間を通じたメタン発生量は25.6Mトンで、大部分はモンスーンアジアから。これまでの見積もりでは25〜170Mトンであり、その下限となる。
水田の管理方法によりメタン発生量は大きく異なる。もし稲の生育期間中に水を最低一回落とせばメタン発生量は4.1Mトン減少する。もしオフシーズンに稲藁をすき込めば更に4.1Mトン減少する (ここ自信なし。原文は and a further 4.1 million tonnes if rice straw was applied off season.)。もし2つの方法を両方とも適用したならばメタン排出量は30% ((4.1+4.1)/25.6 = 0.32)減少するはず。
これはNatureと契約している?Anna Armstrongというサイエンスライターさんが書いた要約記事に基づいていますが、どうもこの方「なにが重要か」という感覚が私と似ているらしく、この方が書いた要約は(私の感覚では)無駄が全くない。上記は元記事をほぼそのまま訳したものになっています。このような要約記事の場合であれ、著者自身によるabstractであれ、自分なりにまとめると多少の出入りが必ずあるものなのですが、この方の場合はほとんどないですね。ちょっとお会いしてみたい気が。

メタンの発生量、ということでウェブを検索してみたところ、麓ほか、「水田からのメタン発生量を推定する数理モデル・DNDC Riceの開発」、農業環境技術研究所 研究成果情報、第24集、なんて記事がありました。耕作方法を考慮してメタン発生量を推定するモデルを作ったとのこと。おなじグループ (温室効果ガスリサーチプロジェクト、リーダー:物質循環研究領域 八木一行 主任研究員)のお仕事に見える。

とすると憶測ですが「中国科学院のXiaoyuan Yanと同僚たち」は誤解を招く表現。この研究の主要部はおそらく中国科学院ではなく、日本の農業環境技術研究所で行われている。この論文も2nd author以降は全て日本人っぽい名前だし。農業環境技術研究所が客員研究員として中国科学院の方を受け入れた、その成果ではと思います。原論文も、農業環境技術研究所のスタッフ構成も確認出来ていないので、これは完全な憶測ですが。

この成果アピールの下手くそさ、なんとかならんのか。上記は憶測ですが、確かな事実として「せっかく格の高い論文誌に成果が掲載されたのに、掲載に合わせてプレスリリースを打っていない。少なくともwebには掲載されていない。英語はもちろん、日本語でも」があります。英語のニュースを見ていると、1st authorは非英米人だがプレスリリースを英語で打ったのが英米の組織なのでインタビューその他はすべて英米人 or 英米の研究機関に対して行われ、そこの成果っぽく見えてしまう、を頻繁に見かけます。どこの国にも自国バイアスはあるので、それはある程度までは無理からぬことです 。日本の研究者は一部を担っただけっぽい業績を日本の成果として書く、は日本の新聞でもよく見かけます。でも、そうやって他人の成果も自国に取り込んでしまう、それを含めて英米の国力、底力なのです。

Natureによる要約記事
Anna Armstrong, "Methane map," Nature Reports Climate Change, 19 March 2009 | doi:10.1038/climate.2009.27

原論文
Yan, X., H. Akiyama, K. Yagi, and H. Akimoto (2009), Global estimations of the inventory and mitigation potential of methane emissions from rice cultivation conducted using the 2006 Intergovernmental Panel on Climate Change Guidelines, Global Biogeochem. Cycles, doi:10.1029/2008GB003299

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水田からのメタン発生は過大評価だったかも 気候変動覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる