気候変動覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS NSIDCの北極海の海氷データ、2009.1〜2009.2半ばまでを訂正

<<   作成日時 : 2009/03/11 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米国National Snow and Ice Data Center (NSIDC) は北極海の海氷データを発表している。一つはほぼリアルタイムで衛星データをそのまま速報するもの。もう一つは各種の品質チェックを行ったのち約1年後に発表する、アーカイブ用 (そして学術分析用) のもの。今年1月から2月半ばまでの速報データがセンサのドリフトのため誤っていたことが通報により判明。誤差は最大で50万km^2に達していた。古い衛星がまだ生きていたので、そちらのデータを用いて訂正することにした。
NSIDCのデータは国防総省のDefense Meteorological Satellite Program (DMSP)衛星に搭載されたSpecial Sensor Microwave/Imager (SSM/I)センサの観測データを科学用に流用し、データ処理アルゴリズムを施したもの。NSIDCはそのデータを毎日速報すると共に、アーカイブ用に様々な品質チェックを行って1年以内に発表する。これはScanning Multi-channel Microwave Radiometer (SMMR) のデータ(1979-1987) と合わせ30年間の継続した海氷データとなっている。
毎日速報されるデータはアーカイブ用ほどは厳しい品質チェックを受けていない。ある種のエラーはすぐに分かるが、今回のように微妙で分からない場合もある。今回の問題は2/16に通報があり、明らかに海氷に覆われている領域が開水面と表示されていることが発覚した。現在はDMSP F15という衛星のデータを使っているが、引退していたDMSP F13、およびNASAのEarth Observing System Advanced Microwave Scanning Radiometer (EOS AMSR-E)センサと比較したところ、1ヶ月以上前からセンサがドリフトし始め、誤差は最大で50万km^2に達していたことが分かった。
衛星には寿命があり、定期的に更新する必要がある。NSIDCはDMSP F8, F11, F13からデータを得てきたが、F13はデータレコーダーに問題が生じたため2008年3月にF15に切り替えた。今回F15のセンサにドリフトが生じたためF13に戻した。長期的にはF17に切り替える。また欠落したデータは補間等によりアーカイブ用のデータを作る。補間は衛星データでは一般的に使われる方法である。
なお、NSIDCがこれまで発表してきた長期傾向の分析は全てアーカイブ用データに基づいており、今回の件は関係しない。
センサはドリフトする。レコーダーは壊れる。第一線で観測し、データ解析しておられる皆様のご苦労には頭が下がります。NSIDCのサイトでは、各種のグラフや図を使って今回の情報が丁寧に解説されています。またデータの補間方法へのリンク、EOS AMSR-Eとの比較などが行われています。

ちょっとGoogleした限りでは日本語ではまだこの情報は流れていないようですが、英語ブログでは「だから連中の言い分は信用出来ない」みたいな話をする人間が多数いるらしく、コメント欄が爆発しているweb多数。そんなことで一々驚いたり騒いだりしたら身が持たんぞ、お前の家では家電が壊れたことがないのか?と私などは思うのだが。

こうした話を聞く度に、複数の衛星で観測出来ることのありがたみを感じます。CO2観測衛星も、日本のいぶきは打ち上げに成功しましたが、NASAの衛星は失敗してしまったようですね。残念です。

エラーが発見されたことを伝えるNSIDCの第一報
http://nsidc.org/arcticseaicenews/2009/021809.html
データを修正したことを伝えるNSIDCの第二報
http://nsidc.org/arcticseaicenews/2009/022609.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NSIDCの北極海の海氷データ、2009.1〜2009.2半ばまでを訂正 気候変動覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる