気候変動覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 農業革命が氷河期到来を防いだ?

<<   作成日時 : 2008/12/29 07:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

従来の常識では、蒸気機関の発明と石炭を燃料とする産業の出現が、人間が地球レベルで気候に影響するようになった始めとされていた。だが遙か以前、数千年前、アジアで農業が開始され水田からメタンが出るようになったこと、ヨーロッパで森林が伐採されCO2が放出されたこと、それらにより海洋のCO2吸収能力が落ちたこと、が始まりでありそれが新たな氷河期の到来を阻んできたとの考え方が台頭しつつある。この考え方は数年前、the University of VirginiaのWilliam F. Ruddimanが提唱したもので、American Geophysical Unionの会合でUniversity of Wisconsin-Madison's CenterのStephen Vavrusらは物理的な証拠と最新の気候モデルを用いたシミュレーションによる裏付け作業について講演。南極の氷のコアに含まれるCO2やメタンを分析すると、5000年前から8000年前に上昇トレンドが始まっている。それ以前の6回の間氷期では下降トレンドとなっており明らかに異なる。これが氷河期の規則正しい10万年他のサイクルを乱した可能性は非常に高く、人類起源の温室効果ガスが無ければ氷河期に向かっていた可能性が高い。3種類の気候モデルを作成し、過去5000年から8000年間の間に付け加わった人類起源の温室効果ガスを除去してみたところ、カナダやシベリヤ、グリーンランド、ロッキー山脈ではより多くの万年雪や氷床が観察された。これらは先の氷河期では氷河で覆われていた地域である。これらの結果はモデルが異なっていても一致する。
むむむ。あり得るかも。
人類が文明を築き始めてから今日までの1万年間が、継続的に暖かかったという意味でこの100万年の中では例外的な時期だった、はよく言われる話です。この例外事象それ自体が人類の活動の結果、というのは、言われてみればあり得る話だと感じます。ただ、こういう話は定量的に検証しないと駄目であり、現在確認中という訳ですね。

University of Wisconsin-Madison (2008, December 18). Did Early Global Warming Divert A New Glacial Age?. ScienceDaily. Retrieved December 28, 2008, from http://www.sciencedaily.com/releases/2008/12/081217190433.htm

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
難しいけど、そうでしょう。
さくら博士
2008/12/29 07:45
やはりそうですよねえ。
polly
2009/01/06 06:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
農業革命が氷河期到来を防いだ? 気候変動覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる