気候変動覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 北極海の氷、2007-2008の冬には厚さが10%減少

<<   作成日時 : 2008/11/06 22:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2002-08における北極海の氷の厚さをEnvisat衛星で観測した。最初の5年間の減少は僅かであったが、最後 (2007-2008) の冬には大きく減少した。最初の5年間の平均では、冬の北極海の氷は2.5mの厚さがあった。だが2007-2008の冬(すなわち2007年夏の記録的な海氷面積減少の直後の冬)には26cm (10%) 減少した。西北極海 (北西航路の領域) では49cm (19%) 減少した。GRL掲載論文。
北極海の氷の厚さは、古くて厚い氷が次第に失われていたことから、薄くなっているのではと推測されていた。また部分的な測定報告はあった。だが冬 (10月-3月)に全体で測定したのは初めて。
Envisatは軌道の関係で81.5度に測定不能な場所がある。2009年末に打ち上げられるCryoSat-2ではこの穴がふさがれ、また氷の厚さを測定するために設計された初のレーダー衛星でありEnvisatよりも観測精度が大きく向上することが期待されている。
記事には色々なコメントがくっついていましたが全部カット。その中には一年だけの話を拡大解釈することを戒めるコメントもあり、それは全くその通り、でも、着々と外堀(内堀?)が埋まっていく、という感覚は否定できないですね。西北極海で19%減少し、全体では10%減少なら、東北極海とかはほとんど減少していない?とかは思います。でも古くて厚い氷も割れて流されて温暖な領域に入ってしまえば一発で溶けるし。

Journal reference:
Giles, K. A., S. W. Laxon, and A. L. Ridout. Circumpolar thinning of Arctic sea ice following the 2007 record ice extent minimum. Geophysical Research Letters, DOI: 10.1029/2008GL035710

Natural Environment Research Council (NERC) (2008, November 3). Arctic Sea Ice Is Suddenly Getting Thinner As Well As Receding. ScienceDaily. Retrieved November 5, 2008, from http://www.sciencedaily.com/releases/2008/10/081027200309.htm

Juliette Jowit, The Guardian, Tuesday October 28 2008, retrieved from http://www.guardian.co.uk/environment/2008/oct/28/arctic-ice-climate-change-thinning

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北極海の氷、2007-2008の冬には厚さが10%減少 気候変動覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる