気候変動覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 大気が高温になるとプレート運動が停止する可能性

<<   作成日時 : 2008/05/21 18:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

地球型惑星では、火山活動や太陽光度の変化により、地質学的な時間にわたって大気が高温となったとき、プレート運動が停止する可能性があるとのこと。数百万年にわたり大気が54度 (華氏100度、たぶん原論文では摂氏で違う値が書かれているんだろう)上昇すると、地殻を通じてのマントルの熱の排出が滞り、粘性が低下してプレート運動が停止する。金星の火山平原の多くを説明できるかも、とのこと。金星にプレート運動がないことは従来、水の蒸発によりプレート境界が固着する、として説明されてきた。今回提案された機構では、水が蒸発するほどの高温とならなくてもプレート運動は停止する。Earth and Planetary Science Letters掲載論文。

は?温暖化の悪影響を語るのはいいが、いくらなんでも誇張では?と最初思いましたが、現在問題となっている人為的温暖化の話ではなく、なぜ金星にはプレート運動がないのか、なんですね。それなら納得。

金星のプレート運動、こんな議論になっているんですね。発想は面白いと思います。ただ、この話の当否を判断できるほど、現在の惑星科学は進んだのだろうか。というのは学生時代、マントルの粘性率(だったと思う)を見てぶっ飛んだ覚えがあるので。推定値には実に7桁の幅がありました。をいをい。この分野では推定値の幅が2桁や3桁あるのは普通だが、7桁かよ。この粘性率しかり、地殻の熱伝導率しかり、そうした値がもう少し分からないとねえ、、、なんて言っていると未来永劫論文が書けないから、頑張るしかないのか(笑)

Rice University (2008, May 13). Hot Climate Could Shut Down Plate Tectonics. ScienceDaily. Retrieved May 20, 2008, from http://www.sciencedaily.com/releases/2008/05/080512135102.htm

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大気が高温になるとプレート運動が停止する可能性 気候変動覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる