気候変動覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS CO2を空気中から回収してガソリンにする技術

<<   作成日時 : 2008/02/20 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ロスアラモスの研究者2名が、CO2を大気から回収して再度液体燃料化する技術は経済的に成り立つと主張している模様。当然ながらエネルギーは必要。75万ガロン/dayのプラントを動かすには発電所(どんな大きさ?)が必要で、それを原子炉でまかなうことにすると、$4.60/ガロン、ならばペイする。技術開発が進めば$3.40/ガロンでもいける筈、とのこと。そうすれば我々は今後も自動車をかっとばし続けられる。

本人達は「既存技術の組み合わせと僅かな改良だけで出来る」と主張しているらしいですが、ほんまかいな。大気中の二酸化炭素の濃度は非常に低いので、集めるだけでも大変そうに思うのですが。NY Timesもかなり懐疑的な書きぶり。まだペーパーマシンらしいし。

ここでふと思って計算してみました。現在の原油の生産量は一日8000万バレル強。1バレル=159lなので、1.27e10リットル。ガソリン75万ガロンは、1ガロン3.79lで換算して2.84e06リットル。原油に含まれる炭素を100%ガソリンとして回収したときの換算比、、、とかはよく分からないので原油=ガソリン、と乱暴に近似してしまうと、75万ガロン/日のプラント(すなわち原子炉)が4500個あれば原油由来のCO2は全て回収できる。

うーん。

NY Times, written by KENNETH CHANG, Published: February 19, 2008, retrived from http://www.nytimes.com/2008/02/19/science/19carb.html?_r=1&ref=science&oref=slogin

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CO2を空気中から回収してガソリンにする技術 気候変動覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる