気候変動覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS The EconomistのAAASレポート on 海の酸性化

<<   作成日時 : 2008/02/26 01:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今週のthe Economistの科学欄は、American Association for the Advancement of Science (AAAS) の年次総会のレポートが4本。AIDSワクチン、人類の進化と倫理、海の酸性化、ピルの環境汚染。The Economistは国際政治経済を扱うのが本業の週刊誌ですが、AAASのレポートが4本も載る。日経とはえらい違いです。なぜこれほど違うんでしょう。色々説明は聞くけど、やっぱりよく分からん。以下、海の酸性化のレポート。

Sour Times (酸っぱい/厳しい時代)

楽あれば苦あり。海はいま現在、毎時100万トンのCO2を吸収している。これは人間が大気中に排出するCO2の1/3に過ぎないとはいえ、温暖化を確かに遅らせている。だが大気にとって良いことが、海にとっては呪いであることが分かった。CO2が水に溶けると炭酸となる。現在、海水は自然とアルカリになっている---だが着実にそうではなくなりつつある。

AAASの年次総会では、これが生物にとってどれほど重要か討議が行われた。無脊椎動物の多くは炭酸カルシウムの殻や骨格を持っている。化石化したとき白亜や石灰岩になるのはこれである。そして学校で化学を勉強した人間なら誰でも知っているとおり、チョークを酸に落とすとシューっと言って溶けてしまう。このため多くの海洋生物学者が、ある種の生物は近い将来殻や骨格を作れなくなるのではと心配している。最も危険なのはサンゴだ、とハーバード大のAndrew Knollは言う。

Dr Knollは化石からこの結論を導いた。2億5200万年前のペルム紀末は史上最大の大量絶滅が起きたことで知られている。この大量絶滅は、少なくとも部分的には、巨大な火山噴火で二酸化炭素が大気中に放出されたことが原因だと考えられている。しかし、あるグループは他よりも多く絶滅している。海綿動物、サンゴ類、腕足動物(一時は広く分布していた二枚貝に少し似たグループ)は特に酷くやられている。

絶滅を研究する古生物学者は通常、種が作るグループ(属)を数える。個々の種は変動するためである。ペルム紀の海綿動物、サンゴ、腕足動物の属の90%以上がこの大量絶滅で消滅した。その一方、軟体動物や節足動物の属は半分しか消滅していない。

Dr Knollはこれを、軟体動物や節足動物は殻を作る基となる体内の液の酸性度を一定に保ち、化学的な衝撃が吸収できたからと考えている。海綿動物らはこれが出来ない。

現時点では状況はペルム紀末ほど悪くはない。しかし現在の傾向が続くと、2100年には海のアルカリ度はpHで半分になると見積もられている。そうなれば南洋などいくつかの場所はサンゴにとって居住不適となる。深いところに生息する多くの種は住む場所や食物をサンゴに頼っているため、これは海の生態系に重大な影響を及ぼす可能性がある。

カリフォルニア大学サンタバーバラ校のGretchen Hofmannはこれに関係する実験をしている。彼女は海の酸性度と温度が紫ウニに及ぼす影響を調べている。紫ウニは科学者が発生実験でよく使う動物で、遺伝子も解析されており、よく分かっている。Dr Hofmannは熱と酸性度を組み合わせると、各々単独の場合よりも致死的であることを示した。炭酸ガスが抑制されなかったら2100年には一般的になるとされる条件にしてみたところ、紫ウニの幼生の遺伝子は、骨格を作るため3倍も活動しなければならず、しかも奇形が頻繁に起きていた。

サンゴがいなくなり、紫ウニがいなくなり、そして他に何がいなくなるか誰も知らない、これは海にとって非常に悪いニュースである。温暖化ガスについて海の吸収力を当てにする楽観的な向きは多分、今一度考え直すべきなのだ。

---
ううう。実に久々に英文和訳をしてみたけど、なんて酷い日本語。

The Economist, Feb 21st 2008, from http://www.economist.com/science/PrinterFriendly.cfm?story_id=10717954

なお、ScienceDailyでもAAASの海洋関連の話題がレビューされてましたが、あまり面白くなかったのでスルー。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
The EconomistのAAASレポート on 海の酸性化 気候変動覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる